FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
川井黒平大豆の甘納豆
少量希少の期間限定『川井黒平大豆の甘納豆』入荷です!
DSC_0028.jpg

「たかが甘納豆??」と侮るなかれ!
雁喰豆という少数しか出来ない黒豆から出来上がった、旨みタップリの味わい。
甘さも控えめで、日本酒と一緒に楽しんでも美味しく頂ける一品です。

ケースの大人買いをされる方もいらっしゃるくらい、知る人ぞ知るの一品。
社長が自家用で開けたので、試食も今ならできますよ^^
スポンサーサイト
【2012/11/25 16:47 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
とうもろこし『味来(みらい)』
昨日のワインテイスティングマラソンのおつまみで出した、

生で食べるとうもろこし『味来』
NCM_0160.jpg

青さは多少残りますが、それ以上の甘み・旨みが楽しめて、大人気でした!!

収穫したその日に出荷してもらって、到着日から2~3日は火を通すことなく
食べられるという、すごいトウモロコシ。

糖度はなんと17%!!

そして1本の木で3本しか出来ないトウモロコシの、一番上のA級と呼ばれる
一番良い部分を出荷して頂いています。

食べたら驚きますよ^^

多分7月中旬くらいまでの出荷となるでしょう。
興味のある方は、早急にお問い合わせの上、絶対に食べてみて下さい!!
【2012/06/30 22:00 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
ほたるいか・生
春の風物詩、『ほたるいか・生』と『ほたるいか・あっさり漬け』がようやく入荷です!!

NCM_0114.jpg

今年は不漁に加え、ほたるいかの肝臓に対する健康効果があるとの
ニュースのおかげで、例年より数週間も遅い初入荷となってしまいました。
が、気候や自然条件によるものですから、仕方なしですよね。
とりあえず、ぜひとも今年の味も楽しんでくださいね!!

ちなみに日本酒と合わせるならば、私ならこれ。
NCM_0108.jpg

やっぱり菱屋さんを軽く常温~ぬる燗で!

例年よりも素軽い感も、優しい旨みと膨らみはさすがの『山廃純米』

やはり辻村杜氏さんが醸す酒はどことも一線を画した、手本となるべき酒ですね。

あとは、ガスが非常に強い、強炭酸状態の『白牛』
NCM_0089 (1)

本日2回目の入荷。
前回のお米が山田錦だったのに対し、今回は雄町で搾ってくれました!
醸造担当の岡井さんも、前回よりさらに良いのではないかと言っていましたよ。

また、ガスも前回よりは大人しいようなので、少しは安心して開けられるかなと。
(前回の1升瓶は、ガスが相当凄くて、皆さん開けるのに苦労されていました)

このお酒もいわば旬ですね。
ぜひ旬同士で味わってみて下さい!!
【2012/05/03 21:14 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
紅俺ん路みかん
毎年恒例の和歌山・上門農園の『紅俺ん路(べにおれんじ)みかん』が入荷してきました。

予約が主なので、店頭で紹介する機会がなかなかありませんが、こんな感じのみかんです。
NCM_0056.jpg
※私の手は、身長が高い割に、小さな手をしてますので、大きくない小粒のみかんです。

今年は高温と台風の影響で、通常よりも粒が大きめ。
若干ですが通年よりも大味です。
といっても、他の一般的なものと比べれば、大味なんて感じない、
酸味と甘みのバランスがすごく良いです。
(甘いみかんは多々ありますが、上品な酸味の伴うみかんはなかなか無いのですよ)

そしてここが最大のポイント、

『皮が美味しい!!』

エグミも渋みもないし、安心して口の中に入れられますので、
緑のヘタ以外は全部食べられます。
口の中には爽快感が残って、とても気持ち良いです。(先ほど食べた感想)
これは驚きの食べ方だと思いますよ。
もちろん乾燥させて、甘みが増してから食べても良いかと思います。

みかんの皮には、「ヘスペリジン」という、人体に良い成分も含まれているそうです。
※血中及び肝臓中のコレストロールの抑制・骨粗鬆症の予防効果があるといわれています。


今年より、完全な自然農法を取り入れましたので、みかんに黒点がついています。
(雨が多い年は、特にこの黒点が多く出現しやすいとのこと)
この黒点、普通の農家さんだと、年に4回除菌剤なるものを撒きまして、
意図的にみかんの色を綺麗にしているそうです。
つまり、安心して食べるためには、手を加えない方が良いのですよね。

とりあえず少々の数量を確保しました。
値段は少々高めですが、みかんの本当の美味しさを知るには、最適かと思います。
(ここのみかんジュースをお飲みになった方は、十分お分かりかと思いますが…)

ご興味ある方はぜひお早めに!
【2011/12/19 17:26 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
新潟ビール・甘納豆
休み明けの木曜日、品物が色々と入ってきました。
特に注目の2つを紹介します。

新潟ビール 夜更けのビター・ペールエール
NCM_0009.jpg

8月末に現地に行って味を決めてきた(といっても想像の上ですが・・・)
このビール、インディアン・ペールエールと呼ばれる種類の、
後口に苦味がしっかりと楽しめるタイプのビールです。

※新潟ビールへ行った時の様子はこちらをクリック!

今日か明日にでも、仕上がりがどうであったか確認してみますが、
今までに皆さんがあまり体験してこなかったであろう、

旨苦な味わいを楽しんで頂ければと!

キンキンに冷やすと風味が無くなってしまうので、軽く冷やし目で楽しんで欲しいです。


2点目は、隠れた大人気、
川井黒平大豆を使用した甘納豆
NCM_0010.jpg

雁喰豆(がんくいまめ)という、潰れた豆を使用しているのですが、
甘さ控えめ、旨みタップリの味わいが大人気で、
ケースで抑える方もいらっしゃるくらいの、激レアな商品です。

今年も収穫量は少なかったようですから、必然的に先着順となりますので、
ご存知の方は、早めに抑えて下さい!!
【2011/10/06 21:45 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
ペペロンチーノ枝豆
最近、気軽にワインが飲めるお店が一気に増えてきていますね。
発泡酒・ハイボールに飽きてきて、もっと味わいのあるものを
飲みたいと思う人が戻ってきた…
と言う意味では良い傾向だと思います。

ただ逆に、飲んだワインのおかげで悪酔いしたとか、頭が痛くなったとか
そういう声も聞こえてくる事も事実。

ですので、ワインを楽しむ時は必ずお店の方に、頼むワインを飲んだ事が
あるかの確認と、
『このワインは、頭痛くなりませんよね??』
という一言を聞いてみて下さい。

即座に答えがきちんと返ってくるようなら、良い店だと思います、たぶん。


さて、先週のワインテイスティングマラソンにて、3週目の方に教えて頂いた、
カラブリア唐辛子オイル+枝豆を自分で作ってみました。
(写真は撮り忘れました…^^;)

枝豆を茹でて、フライパンで枝豆とカラブリア唐辛子オイルを炒めて、
ハーブソルトをまぶすだけ。

『美味!!』

『ペペロンチーノ枝豆だね!』

ビールや白ワイン・赤の発泡には、やはり滅法合いますね、
簡単にできますので、ぜひ皆さんもお試し下さい。

ちなみにカラブリア唐辛子オイルの説明は、ここをクリックしてください。
ものすごく重宝する調味オイルです。
【2011/08/06 21:22 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
最近の入荷食品
最近、食品に触れていなかったので、このところで入荷してきた商品を紹介します。

PA0_0455.jpg

一流ブランド? 淡路島のタマネギ、『甘たま』です!

もの凄く粒が大きいです。
そして、何がすごいか…

水にさらさずに、生で食べても『甘い!!』

生のタマネギの渋さがあまり好きでない私でも、食べられますし、
もったいないけれど炒めたらより甘みが増して美味しいです。

土の中で完熟を待ちに待って、ワインで言うとデザートワインのような
造り方をするたまねぎなのです。

ほとんど告知しませんでしたが、気づけばあと少ししか残ってません。
よろしければお早めにどうぞ。

※一緒に写る、オニオンスープも値段の割には絶品ですよ。

PA0_0453.jpg

続いては、どこにでも売っていそうなおつまみかもしれませんが、侮れません。

トマトテーストとバジルテーストのガーリックトーストです。

どこにでもあるようなパサパサのクラッカーと違って、
オリーヴオイルとトマト・バジルを混合してカリッとさせたものです。

簡単なワインのお供には最適で、なぜ今まで無かったのだろう?と
逆に不思議に思えてしまう商品です。
(単に灯台下暗しで、当方が知らなかっただけかもしれませんが…)

現在のところ、バジルが大人気です。

PA0_0454.jpg

最後は、見づらいかもしれませんが、一番左の白ブドウのジュース。
もちろんこの時期、右の2種(みかんジュース・黒ブドウジュース)もお奨めですが…

この白ブドウのジュース、山梨・長野産の『ナイアガラ』という種類を使用しておりますが、
酸味と旨みのバランスが非常に抜群なのです。

先日から書いている通り、この暑い時期は、酸味も身体に取り入れて頂きたいので、
久々に入荷させてもらった品です。

白ブドウのジュースって、全体的に味がぼやけて、何味だろう?って、
原料がブドウであることをイメージするのが難しいジュースが多いのですが、
(実は、リンゴジュースと勘違いする人がすごく多いのです)
この酸味と味わいならば、ブドウを飲んだ!って気になれるので、
もし良ければ試してみてください。
【2011/07/17 21:10 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
オリーヴオイル・テイスティング
昨日は月に1度の勉強会。
店は休ませてもらってますが、家族3人で、朝から遠征して、
話しを聞いて、新しい知識・情報を得るために情報交換してきています。

昨日の目から鱗は、やはりオリーヴオイルのテイスティング。
テイスティングというよりは、数種類を比較するといった方が良いかもしれませんが、
こんな感じで試飲(試食)。
PA0_0404.jpg

準備されていたのは、写真上のカップに入っているのがオリーヴオイル・5種。
そして、オリーヴオイルをかけて食べてみる食材(木綿豆腐・白身の刺身・サバの焼物)
右の2つは塩(ゲランドの塩)とパプリカのオリーヴオイル漬け(これはおまけ)

それぞれを説明していくと…

まずはオリーヴオイル。
左から3個がエクストラ・ヴァージンタイプ、右2個がピュアとよばれるタイプ。
左3個の違いは、風味,味わいの濃淡,雑味の多少で、比較的違いは説明できると思います。
また右の2つも、ピュアオイルとはいえ、風味が思い切り違うので、味の有無が良く分かります。

それぞれを食べ合わせていくと、それぞれのオリーヴオイルの風味によって、
感じる味の違いが、意外と良く分かるものでして、これでオリーヴオイルの
それぞれの特徴を何となく掴むことができました。
(ノートが行方不明になって、具体的に書けなくて、分かりずらい表現ですが…)

そして次が一番の肝。

『オリーヴオイルで一番大切なのは、合わせる塩』

やはり塩とオリーヴオイルを合わせて食べてみると、もの凄く味の広がりを感じることができる!
オイルに気を遣うのも当然のことですが、塩に気を遣ってみると、また一味違う世界に感じます。

塩を振ってから、オリーヴオイルをかけて食べてみた木綿豆腐(水を切ったもの)と
焼いた鯖は、個人的にお気に入りのものとなりました。
簡単なので、今度ワイン会に使ってみようかと思います。

そしてピュアオイル、値段が比較的安価で、非常に使い勝手の良い商品を先生より
教えて頂きました。
もしかしたら入荷できるかもしれないので、興味がある方は私までご一報下さい。
【2011/05/12 22:02 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
マリエンホーフ・ジャム
マリエンホーフ・リキュールのNさんが昨日ご来店。
ワインジャムを紹介頂きました。
PA0_0402.jpg

ドイツで最も有名なブドウ品種『リースリング』を使用しています。

ジャムと言うよりはゼリーと言った方が良い感じですが、
ブドウの優しい旨みと酸味が良く表現されていて、
パンやヨーグルトと一緒にというよりは、
やはりチーズと一緒に楽しんで頂きたい一品だと思います。

リースリングの爽やかな果実味と優しい酸味も感じることができて、
さすがマリエンホーフブランドですね。
値段も普通のジャムに比べれば、多少高めとなりそうですが…

とりあえず皆さんの声を聞かせて頂いてから、入荷を考えたいと思います。
近々は試食できますので、ぜひ足を運んで、大人の味わいを知ってみては
いかがでしょうか?
【2011/05/01 21:50 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
ほたるいか,白えび
お待たせしました!
今年も入荷してきました。
PA0_0401.jpg

白えびはもしかしたら初紹介かもしれませんので、簡単に説明から。

富山湾で取れた白えびを、丁寧に手剥きで殻を外して、
中身だけを詰めた、非常な贅沢品。
トロっとした食感に、口の中に広がる旨みが、本当に美味しいです。
そのまま刺身として食べても良いですが、これを天ぷらにして
食べてみてもこれまた行けますよ。

そしてほたるいか。
身が大振りでプリッとしていて、まさに旬を感じさせます。

生姜醤油やワサビ醤油で刺身として食べても良し、
カルパッチョやオリーブオイル+天然塩をかけて、
洋風アレンジして食べるのも良い、ノーマルタイプと、
1回醤油漬けしたあっさり漬けの2種類が楽しめます。

ちなみにあっさり漬けの方が毎年人気があります。


日本酒がまた進んでしまうな…^^;
【2011/04/21 21:53 】 | おつまみ・食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。